板橋区東武練馬の動物病院-ノブ動物病院

0335508102

web予約ページ

診療時間

受付時間:午前11:30まで/午後18:30まで

猫の予防接種

猫の予防接種

母親からもらった免疫が減少してくると、子猫が伝染病にかかる危険性が高まります。
伝染病は、時には大切な愛猫の命さえもおびやかす恐ろしい病気です。
あなたの愛猫を恐ろしい伝染病から守るために「ワクチンによる病気の予防」をしましょう。

猫のワクチンの種類

猫3種混合ワクチン 4,000円

猫ヘルペスウイルス(猫ウイルス性鼻気管炎)・猫カリシウイルス(1種類)・猫汎白血球減少症(猫パルボウイルス感染症/猫伝染性腸炎)の3種類を予防できます

猫6種混合ワクチン 6,000円

猫ウイルス性鼻気管炎・猫カリシウイルス感染症(3種)・猫汎白血球減少症・猫白血病ウイルス感染症の6種類を予防できます

猫の伝染病

猫ウィルス性鼻気管炎

猫ヘルペスウィルスによっておこる病気で、40℃前後の発熱と激しいくしゃみ、咳をして多量の鼻水や目ヤニを出します。
強い伝染力があり、他のウィルスや細菌と混合感染を引き起こして、重い症状となって死亡することもあります。
特に仔猫の時にはかかりやすく、高い死亡率を示す場合もあります。

猫カリシウィルス感染症

猫ウィルス性鼻気管炎と類似のカゼのような症状を示しますが、進行すると口の中や舌に水疱や潰瘍をつくります。
一般的に鼻気管炎より症状は軽いですが、混合感染する場合が多く、この場合は重い症状となります。

猫汎白血球減少症(猫伝染性腸炎)

パルボウィルスによる病気で、高熱、嘔吐、下痢などの症状を示し、血液中の白血球の数が著しく少なくなります。
脱水症状が続くと猫は衰弱し、特に仔猫では非常に死亡率の高い伝染病です。

猫白血病

猫白病ウイルス感染症は、主に唾液を通し猫同士でうつる病気です。
子猫や若い猫が突然、元気がなく、熱が出たり、リンパ腺が腫れたり、下痢をしたり、鼻水を垂らしたりしたら要注意です。
感染した猫の50~70%が感染後2~5年以内に死亡する場合が多く、特に子猫の場合は発症しやすく死亡率も高いと言われています。

ネコエイズ

「ネコエイズ」は長い時間をかけて病気に対する抵抗力が失われてしまい、進行すると死に至る恐ろしい病気です。
この病気はネコエイズウィルスに感染した猫との喧嘩などの際に感染する場合が多く、一度感染した猫の体内からネコエイズウィルスを完全になくす治療法がないのが現状です。

予防接種の必要性

ウィルスによっておこる病気には、現在のところ特効薬がありません。
従って、ウィルス性の伝染病から猫を守るためにはワクチン注射で予防するしか手がないのです。
早めの予防接種でかわいい家族をウィルスから守りましょう!

駐車場スペース2台分あり/毎週木曜休診/予約優先にて診療を行っております

pagetop