板橋区東武練馬の動物病院-ノブ動物病院

0335508102

web予約ページ

診療時間

受付時間:午前11:30まで/午後18:30まで
■・・・日曜日の午後の診療は13:00~17:30となります。

MENU

0335508102

web予約ページ

診療時間

受付時間:午前11:30まで/午後18:30まで
■・・・日曜日の午後の診療は13:00~17:30となります。

セミナー・勉強会

痒み止めの注射~サイトポイント~について勉強しました

セミナー・勉強会

2021.09.28

獣医師の石飛です。

朝晩冷える時期になってきましたね。天候がなかなか安定しない夏でしたが、皆さんお元気ですか?

さて、夏の暑さ、エアコンによる気だるさを無事乗り越えたのは、人間だけではないはずです。

気候や室内の空気が変わると、空気にさらされる皮膚の状況も変わってきます。季節によってかゆみが出る子、一年中かゆみがある子、なんだかかゆい子…といったようにとにかくかゆみと付き合うワンちゃんに役立てるようなセミナーを受講しました。

題名にあるサイトポイントとは注射の名前です。かゆみ止めの注射として、なんと1カ月効果が続くといわれています。

かゆみがあるワンちゃんのご家族様の中には「アポキル」というかゆみ止めの飲み薬をご存じの方もおられると思います。一日1~2回、もしくは2日に1回飲む、白くて細長いお薬です。サイトポイントは、アポキルの注射版だと思っていただくと、分かりやすいでしょうか。

今回は村田信雄先生から「サイトポイントの使い時」について教えて頂きました。

当院では、サイトポイントの出番は、薬が苦手なワンちゃんに、飲む回数を減らすためにもしくはゼロにするために用いることが多いですが、今回のセミナーでは、新たな使いどころを知ることが出来ました。

・かゆみのみで、皮膚に症状が乏しい時に使うと良い、若い子に使うと良い

・進行性の悪性腫瘍で、かゆみ止めの飲み薬であるシクロスポリン・プレドニゾロン・アポキルの使用ができない子に使うと良い

・冬になりかゆみが落ち着いたころに、完全に飲み薬をストップするために使うと良い

以上3つが注射の使いどころです。サイトポイントは比較的高価な注射ですが、毎日の投薬からわんちゃんもご家族も解放されるのであれば、積極的に使用できると考えています。

村田先生からのアドバイスをもとに、かゆみと付き合うわんちゃんにご提案していけたらと思います。

駐車場スペース2台分あり/毎週木曜休診/原則予約制にて診療を行っております

pagetop